求人を出す会社の想いを知る

求人を出す会社はどんな考えで求人を出すのでしょうか?これを知ることが、よい会社によい形で就職するために不可欠です。
会社にとって、求人を出すということは、会社の成長にとって欠かせないことなのです。
会社は働く人と、お客様、株主などがいて成り立っていますが、そこで働く人が商品企画を考え、自社開発あるいは外部に発注し、納品され、その商品を宣伝し、お客様に販売し、お金をいただき、そこから経費を差し引き、利益を上げて新たな事業に投資するという流れで成長していきます。
優秀で一所懸命働く人がいなければ、会社は何も生み出せません。
求人を出す会社にとって大事なのは、良い人と出会い、採用することです。

求人情報サイトに掲載されている情報や、求人説明会などで採用担当から語られる会社のメッセージには、会社の思いが詰まっています。
考えは会社の大きさによっても違います。
大企業は一度の採用人数が数百人から千人単位ですが、中小企業は数人程度でしょうか。
大企業にとっては大量退職者の補充も必要ですし、多少やめても、問題のある人材がいても、どうにかやり繰りができますし、その中から相当優秀な人材が出てくることが期待できます。
しかし中小企業にとっては、数人を採用するだけで思い切った投資であり、採用当初からまぎれもない幹部候補生なのです。
業種によっても違います。
求められる専門性、期待する人物像は、決して同じではありません。

本サイトでは、求人を出す会社側の意志をどう読み取るか整理します。